業務用エアコンが不要になったらどうする?

業務用エアコンが不要になったらどうする?

オフィスを移転する、店舗を移転、閉鎖するという場合に設置していた業務用エアコンが不要になるというケースがあるでしょう。そのような場合どうすればよいのでしょうか?撤去費用を支払えば取り外して処分をしてくれますが、不要になった場合には処分する以外の方法はないのでしょうか?

 

そんな人に知っておいて欲しいのが、買取を行っている業者があるということです。インターネットで検索するとすぐに見つかりますが、売ることが可能です。ただし、業務用エアコンにも色々な種類がありますので、実際にどのくらいの価格で売れるのかは、査定をしてもらわないとわからないということになります。

 

あまりにも古いタイプのものや、汚れや傷があるという場合には価格が大幅に下がってしまうことや買取出来ないというケースもあるでしょう。また、人気のメーカーや機種などは逆に高く買取してもらうことが出来るということも多いようです。人気のメーカーとしてはやはり、ダイキン、三菱電機、東芝などのものがあります。

 

不要になったものがあるという場合には、まずはこのように買取を行っている業者に相談してみるとよいでしょう。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

業務用エアコンの取り付け工事編 豆知識

 

業務用エアコンをだれが取り付けますか?業務用エアコンを購入して自分で設置?

 

新しく業務用エアコンを購入する場合、家庭用エアコンの場合も同じだと思いますが、だれかの助けを得て設置してもらう必要が生じます。
それは単に人手がいるというよりも、技術面での助けがいります。
まさか業務用エアコンを購入して自分たちで設置しようという会社やお店は少ないと思いますが、チャレンジしようとしてできないわけではありません。
自分たちで行えば、工事費をカットすることができます。
しかしその分だけ従業員やアルバイトの人件費がかかっていることは確かです。
自分たちで設置するメリットをあえて挙げるなら、好きなように設置できる点でしょうか。
業者任せにして、不本意な場所に穴を開けられてしまう、そんなことがないわけではありません。
まずは、購入する業務用エアコンが決まったら、「どのように設置するか」というテーマと向き合うことになります。

 

業務用エアコンの設置場所を決めてマーキングする

 

実際に業務用エアコンを自分たちで取り付けると言っても、どんなタイプの物を購入するかによって、実際の工事が異なってきます。
まず購入する前には、「どのタイプの業務用エアコンを購入するか」吟味して、最適と思われるタイプを選ぶことになるはずです。
選んだなら、今度は設置場所を決めます。
これも、ほとんどの場合どこに設置するか決まっているはずです。
購入時についてくる取扱説明書には、実際の寸法が記載されているので、その情報を元に設置個所にマーキングすることができます。
その後、慎重に行うべき段階として、壁への穴あけ作業があります。

 

業務用エアコンの配管と本体を取り付ける

 

業務用エアコンを設置する際、建物に穴を開ける際にはよく考える必要があります。
レンタルオフィスの場合には原状復帰も念頭に置きます。
そしてもっとも大変な配管工事がやってきます。
具体的に言うと冷媒配管で、ここをしっかり行わないとエアコン自体の機能に大きな影響を与えます。
ここまでが完了すると、次はいよいよ本体の設置工事になります。
室内に設置する物を据え付けながら、配管と結合させます。
この辺りの作業には、実際に国が定めている資格があるくらいですから、ガスが漏れていないかなど高度な技術を要することになります。
作業後にテスト運転をしてみて、しっかり動いてパフォーマンスを発揮していれば完了です。

 

業務用エアコンはどのような症状が出たら買い替えるか?

 

業務用エアコンは、とても高い物なので頻繁に買い替えるということは出来ません。ですから、少しでも長く使いたいと考えている人が多いでしょう。しかし、どうしても寿命というものがあります。永遠に使うということは出来ません。そこで、覚えておきたいのがどのような症状が出たら買い替えを検討するべきか?ということです。次のような症状が出ているという場合には、買い替えを検討してみましょう。

 

  • 業務用エアコンから異音がする
  • 冷房、暖房の効きが悪くなった
  • 故障、エラーコードが頻繁に出る
  • 昔の物で電気代が毎月気になる
  • 業務用エアコンから異臭がする
  • 修理にかなりの金額がかかる

 

以上のような場合には、業務用エアコンの買い替えを真剣に検討する必要があります。故障した場合についてですが、修理で直るのであれば修理をするのもよいですが、修理にかかる金額が高額になってしまうという場合には、使用年数などにもよりますが、買い替えてしまった方が安く済むというケースもあります。まずは、修理にかかる見積依頼をして金額を見てからどうするか判断するとよいでしょう。10年程度使用しているのであれば、間違えなく買い替えてしまった方がお得です。

業務用エアコンが不調になったら相談できる業者

業務用エアコンが不調になったら業務用エアコン京都府の新空調なら創業20年でプロが点検してくれます!

トピックス

お手入れが簡単な業務用エアコン  
業務用エアコン
設置してある業務用エアコンのお手入れをしっかりと行なっているでしょうか?色々なタイプのものがありますが、一般的には高い場所に設置されているので...
業務用エアコンが不要になったらどうする?
業務用エアコン
オフィスを移転する、店舗を移転、閉鎖するという場合に設置していた業務用エアコンが不要になるというケースがあるでしょう。
業務用エアコンはどのようなものが売れている?
業務用エアコン
業務用エアコンには、色々なタイプのもの、メーカーがあります。その中でもどのような機種、メーカーが売れているのでしょうか?
業務用エアコンのガスチャージについて
業務用エアコン
業務用エアコンを設置した当初よりも、涼しくない、効きが悪いと感じる場合冷媒ガスが不足しているという可能性があります。
page top