イラストレータ フォントのアウトライン作成 方法 illustrator 文字

 
完全データの作り方
▼完全データの作り方

▼お問い合わせ
1. 文字のアウトラインについて
お客様と弊社の書体(フォント)環境が異なる場合、データを移動した際に、存在していないフォントは別のフォントに置き換えられてします。
入力した文字を、使用した書体(フォント)のない環境にその書類を持っていっても、同じ書体が出るように文字そのものを図形化することを指します。 アウトライン作成をせずにご入稿されたデータでは、お客様の使われた書体が弊社にない場合、違う書体に変換され、文字間も変わり、お客様のイメージと違うものになってしまいます。
このような事態を避けるため、お客様にはアウトライン化して頂いたデータでのご入稿をお願いしております。また、一度アウトラインをかけた書類は、図形化され文字としての編集はできなくなりますので、ご注意くださいませ。

●文字のアウトラインの仕方(Illustrator)
1.「レイヤーウインドウ」のロックを全て外して下さい。
2.「オブジェクトメニュー」から「すべてをロック解除」を選んでロックを外して下さい。
3.「編集メニュー」の全てを選択を選んで下さい。
4.「文字メニュー」から「アウトライン作成」を実行して下さい。



●フォントに対して「オブジェクト」→「エンベローブ」をかけますと「文字」→「アウトライン」が出来ません。
「オブジェクト」→「エンベローブ」から「拡張」を選択する。
もしくは文字のアウトラインをとってから「エンベローブ」を選んでください。

印刷会社 Townプリント Copyright TFAD Co., Ltd.